2009年11月28日

勇気を振り絞って、欲しかったレア物確保ーッツ!!

 開設日ながら、でしゃばって2連荘いってみます。

 はてさて、今日は昨日近所の本屋に入荷されていなかった「ぷちます」1巻を今度こそ買うべく、市内まで出かけて参りました。
 そちらはララスクエア宇都宮店5Fの新星堂書店で「あっさり」見つかりましたが、その後寄ってみたフェスタビル4Fのまんだらけ宇都宮店で想定外過ぎる一品を見つけてしまいました。

…当初は続けて書いていく予定でしたが、重ねて想定外に長くなってしまったので、以下の通り分けることにしました。
 レトロ玩具に興味があり、且つ先の真相が気になる方は是非御覧下さい。

 下記の3品が本日のまんだらけでの戦利品達ですが、上側の品が一番の目玉にして、先の想定外過ぎる一品です。
「魔動王グランゾート」DXシリーズ3種勢揃い
 この手の玩具に興味の無い人にとっては「何コレ??」で終わること間違い無しですが、今は懐かしきロボットアクションアニメ「魔動王グランゾート」のDXシリーズ3種です。
 放送されていた当時、わたしは小学校高学年ながらも本作が大好きで、金曜日は可能な限り放送時刻までに帰って観ていましたし、当時発売されていた関連玩具も、家計の都合で主役系列のみながらも集めていました。それらは今、天袋の中ながらも捨てずに保管しています。
 御話を戻しまして、先の目玉こと「DXスーパーグランゾート」は、当時の正月に御年玉から捻出して買い、その後数時間掛けて組み上げたのですが…それから僅か1週間足らずで、とある友人に右腕を折られてしまいました。
…えぇそれはもう、あのときはあまりの大ショックと哀しみと鬱で、最低1時間は涙が止まりませんでしたよ。ちなみに加害者こと当の友人は、義務教育世代故と言いましょうか、御自分の株を守りたいがために「知らん」とすっとぼけてくれましたがね。今更そのことを遺恨として蒸し返す気までは無いので、そちらはここまでとしまして。
 先の亡骸は一応、当時のわたしなりに応急処置はしてみたものの、修復箇所の間接がユルユルでポージングどころではない上に、施工から1週間足らずでまたも折れてしまったため、当時のわたしの不器用さでは御手上げと判断し、当時なりに根性で涙と哀しみと鬱を抑えつつも廃棄処分しました。
 それから色々あって、このことは時の流れと共に記憶の奥底へ封印されつつあったわけですが、社会人になって宇都宮にまんだらけができて、先のDXシリーズの他2品こと「DXグランゾート」や「DXワイバースト」が店頭に現れてから、このことが再び記憶の奥底から掘り返されてきまして、いつしか当の「スーパー」を再び店頭で見かけたら、値段次第では買い直そうと、ひっそりと心に誓うようになりました。
…うっかり昔話で無駄に長くなってしまいましたが、とにもかくにも、前述通りに想定外ではあったものの今日ッツ!!その「スーパー」をまんだらけで目撃して、遂に買い直すときが来たと確信しまして、店の近くのATMで資金補充して他2品共々確保してきました。
 他2品は組み立て済故に、発売当時比1.5〜2倍程度の額で済みましたが、当の「スーパー」は今やかーなーりのレア物と認定されているためか、額も正に「スーパー」でした。その額は敢えて「TOP-SECRET」と致しますが…例えるならそうですね、SS版「銀銃」が現行取引価格で2・3本軽く買えるくらいの額、とだけ言わせていただきましょう。
 しかしッツ!!ここで見送ったら、再び目撃できる気がしなかったので、前述通り勇気を振り絞って確保を決行したわけです。
 あとは満を持して組み上げるのみですが…今日はこの通り、気分が違う意味で少し危険な状態なので、一眠りして明日になって少し気分が落ち着いたら、組み上げようと思います。
 ちなみに他2本は、組み立て済というわけで一足先に飾っておきました。
いい加減透明ケースも買わなくては…ですよね。
 ここで後方中央に「スーパー」を飾れば、とりあえず「COMPLETED」です。手前の面々は今まで選りすぐって集めた人達です(微違)。一部、奇天烈な輩も混じってはいますが、そこは生温かく笑っておきましょう。

 ちなみにこの御話は、某友人君の一言が無ければ、メイン頁の「小言」で書くつもりでいましたが…この際ハッキリ言いましょう。
Blog開設してヨカッタ。
 正直言って、このボリュームはあのコンテンツにはとても収まりませんからね。
 とにもかくにも、先の「スーパー」を組み上げたらまた御話しようと思います。
この路線でも宜しければ待っていてみてくんさい。
posted by srx_ssp at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33905012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック